日差しの入り具合をチェック

賃貸を選ぶ時は日差しもチェック

賃貸を選ぶ時には、立地や駅からの距離、周辺の環境が気になりますよね。さらに、間取りや水回り、風通しの良さなど、家の住み心地もチェックする必要があります。賃貸を選ぶ時に、意外に見落としがちなのが、日差しです。部屋のなかに日差しが入るのか、入るとすればどの方向からどのくらい入るのかを、必ず確認しましょう。日差しによって、室内の環境や住み心地が大きく変わるからです。室内に日が差さないのは問題ですが、日が当たりすぎる部屋も住みにくさを引き起こします。 まず確認しておきたいのが、西日の当たり方です。西日が当たりやすい部屋の場合、部屋の温度が急上昇します。そのため、夏は室内が高温になります。熱効率が高くなってしまって、エアコンが効きにくくなる可能性もあるでしょう。そのため、夏の電力消費量が高くなることも予想されます。また、西日でなくても、強い日差しが当たりすぎる場合は、部屋の中にあるものが傷みやすくなります。畳やカーペットはもちろん、インテリアや電化製品などの劣化が激しくなります。強い日差しが差す部屋は、できれば避けた方が無難です。もし日差しの強い部屋を選ぶ場合は、遮光カーテンなどで日差しを遮る方法を考えておきましょう。

日の当たらない部屋にも注意

他方で、日差しの少ない部屋にも注意が必要です。日中、仕事などで家を空ける人は、日差しがなくても大丈夫だと考える場合が多いようです。しかし、日差しが少なすぎると、部屋の環境が悪化しやすくなります。まず、湿度が上がりやすくなり、水回りを中心にカビなどが生えやすくなります。さらに、カビが発生しやすい環境は、布団やソファなど、布製のファブリックに大きな影響を与えます。また、湿度が高いと、虫が侵入する確率も高くなります。そのため、季節に限らず、こまめな除湿が必要になってきます。場合によっては、冬にも除湿しなくてはなりません。そして、日差しの指さない部屋は気温が上がりにくいため、冬季の暖房代が高くなる可能性があります。

日差しが強すぎたり、逆に日が差さない部屋は、それだけ家賃などに反映されます。物件を見に行く場合は、窓の方角や大きさに注目して、昼だけでなく夕方の日差しについても、必ず確認しておきましょう。また、季節によって日があたらなくなる可能性もあるので、あらかじめ不動産屋さんに確認しておきましょう。家で過ごすことが多い場合や、健康に注意が必要な人は、日差しが丁度良くあたる、快適な部屋を借りることをおすすめします。