見学したい事を必ず伝える

賃貸住宅を見学するメリット

不動産屋で賃貸住宅を探す時には、もし住みたい物件を見つけることができれば写真や間取り図などを見て検討します。写真や間取り図、物件の詳細が記載された資料を見るだけでもどのような物件なのかを想像する事ができます。しかし、これらの資料だけで判断してしまうと後で後悔する事がありますよね。物件の写真は、綺麗に見せるように撮影してある可能性があります。つまり、写真と実物が若干違っていることもあるので見学をして、自分の目で確かめた方が良いです。

見学をする事によって、賃貸住宅の部屋の雰囲気や駐車場や駐輪場の広さなど細かい部分も把握する事ができますよね。また、設備面がどれだけ綺麗なのか、ベランダから日差しが入るのかなども確認する事ができて自分が長期的に住めるのかを判断しやすいです。このように、さまざまなメリットがあるので、必ず見学をしたい事を不動産屋の担当者に伝えるようにしましょう。また、見学した時は周辺の環境も細かく見ることができて、その点も1つのメリットですよね。

もし、見学せずに賃貸契約を結んでしまうと、入居当日に初めて部屋の中に入った時に想像していた住まいと違う事があります。賃貸契約をすぐに解除して新しい物件を探すとなると手間がかかるので、苦労しないためにも見学は必須です。

物件を見学できない場合

賃貸住宅を選ぶ時には、物件の資料と見学の両方で判断していくのが基本ですが見学できない場合もあります。例えば、空き部屋になる予定だけどまだ住人が住んでいて見学できないパターンもあるし、それ以外の理由で見学の許可がでない場合もあります。この場合は、どれだけ気になる物件であっても他の物件を探すようにしましょう。見学しないまま賃貸契約を結ぶと、賃貸住宅の詳細がいまいち把握できない事があり判断を間違ってしまう事があります。

そうなった場合に、後で後悔するだけなのでそれを防ぐためにも見学できる物件の中から選ぶようにします。基本的に、見学できる物件が多いので、連続で見学できないという事は少ないです。ただ、不動産屋の物件数が少ない場合は、自分が気にいった物件が1つしか見つからない場合もあり、その物件が見学できないとなると探すのに苦労します。そこで、なるべく物件数が多い不動産屋を見つけることも賃貸住宅探しでは重要です。

また、今は見学できないけど近いうちに見学できる時は、見学できるまで待つというのも1つの選択です。以上のように、見学できるかできないかは大きな重要ポイントになるので見学できない場合は諦めることも必要になります。